コンビニ バイト 体験談

コンビニのバイト体験談3|コンビニは楽だからやってみようは×

私は、接客が苦手なことを克服するために、経験を積もうと思ってバイトを始めました。
大半の方が持ってるイメージが、コンビニは「ラク」ということです。
ネット検索かけても「ラクだ」と書かれていることが多いかと思います。

 

店によって大きく変わると思いますが、覚える量が半端なく多いです。
1つ1つの仕事は複雑ではないのですが、とにかく覚えることが多すぎます。

 

私が働いてるコンビニでは、タバコを販売しているのですが
タバコを吸わない私にとっては、番号以外で言われてもさっぱりわかりません。

 

お客様は「それくらい普通にわかるよね?」とという感じで略称で言ってくる人もいますし
「申し訳ございませんが、番号でお願いしてよろしいでしょうか?」と言っても
イライラするお客様が多いです。(もちろん番号を探してくれるお客様もいらっしゃいます。)

 

「補充していればすぐに覚える」と言われていますが、補充するにしても
吸わない私にとっては、なんだかみんな同じようなものに見えてしまって
なかなか頭に入ってきません。せいぜいパッケージの色が違うくらいにしか違いを感じないのです。

 

他にも小さい声で話すお客様もいて、何度聞き直しても小さい声でお話されるので
何回も聞き直すことになり、最終的に怒鳴りつけられて、店を出ても睨み付けられます。
(そんなに大きな声が出せるなら、最初から大きな声で言ってとこちらが怒鳴りたいです)

 

あと非常に困ったのが、私はおでんを食べません。
なのでおでんの具の名前がよく分かってません。
親切な方は指差しながら言ってくれるのですがそうでないとわけがわかりません。

 

品出しや検品も、まず商品の並びがわからないため凄く時間がかかります。
時間をかけすぎて、店長に怒られたこともありました。

 

体験記には辛いことを書きましたが、決して「コンビニは楽だ!」
「辛いって言ってる」というイメージで決めず、しっかりそのお店を調べてみてください。

 

少なくても、コンビニがラクかというとそんなにラクな仕事ではないと私は思いました。